なくしたものを探して〜とりあえずやってみました

体験主義で、実際に体験した内容と、実はよく知らないので人に聞くのが恥ずかしい、という内容について調べてみたことをもとに書きます。

Kindle安売り漫画の紹介2

time 2020/09/21

Kindle安売り漫画の紹介の続きです。

sponsored link

西島大介「ディエンビエンフー」

かわいい絵柄なので何となくまったりした話かと思いきや、ベトナム戦争を題材にした血で血を洗うような闘いの記録です。
主人公は日本人のカメラマンですが、腕もよくなく戦場に来る覚悟も足りないという、いわば何もできないような弱々しい青年。ですが米兵たちの秘密を目撃して襲われかけたところを、現地のゲリラである少女に救われ、恋が始まります。

青年が戦場で生き抜いていく様子とベトナム戦争の歴史的描写がかわいいキャラクターで描かれます。
陰惨な出来事が起きているのですが、絵柄のためにそれほどグロくはなっていませんから、割と読みやすいと思います。ただキャラクターは大量に死にます。

アメリカ軍側がコテンパンにやられてしまうことが多いので、なんとなくアメリカ側を応援したくなってしまったりするのですが、一応ベトナム側が主人公ですかね。歴史に主人公も何もないだろうとは思いますが。

終盤は突然トーナメントが開催され、勝ち残りをかけてチーム同士が戦うというすごい展開に。歴史はどうなったんだって話です。「完全版」と銘打っているのに打ち切りみたいな感じで終わり。いくつもの出版社を渡り歩いた作品であり、TRUE ENDは別の出版社から出ているようです。

剣名舞、檜垣憲朗「仮面の野望」

「ザ・シェフ」が有名な剣名舞さんが原作、「ジ・ゴ・ロ」「美悪の華」などが長期連載になった檜垣憲朗さんが作画の漫画。全4巻。

幼いころの事故により離れ離れになった双子の兄弟がいました。1人は裕福な家で育って何不自由ない生活を送っていましたが、もう1人は顔面にひどい傷を負っており、貧困の中で虐待を受けながら育ちました。
裕福な家で育った方は歌手として有名になっていき、顔に傷を負った方はその付き人としての日々を送っていました。

双子ネタだと当然のごとく入れ替わりが入ってきます。やはりそういう展開に。傷を負っていた方は整形手術ですでに傷を治しており、裕福な方を事故で葬って成り代わろうとします。昏睡状態だった裕福な方は命はとりとめた、という展開。ということは後から復活してくるだろう、という予測が大体当たる展開です。

最後の部分は読者に若干想像の余地を与えますが、割と4巻でコンパクトにまとまっていた内容でした。

sponsored link